金融トピックス

■2007年8月23日
多重債務者問題・弁護士ら
プロのノウハウに期待(毎日新聞)
>>自己破産、自殺防止へ
大阪府は、全国で9年連続3万人を超える自殺の一因とされる多重債務問題の対策に乗り出そうと、弁護士会や府警など関係機関とともに「府多重債務者対策協議会」を設置する。3年以内に各市町村の相談窓口を充実させるとともに、窓口職員に弁護士ら債務問題のプロのノウハウを伝授する。


■2007年8月22日
3億円中ぶらり…税滞納
都が家競売(産経新聞)
>>東京都内の高級住宅地に住んでいた無職男性(60)が、固定資産税を滞納し続けたため自宅を都に差し押さえられ、競売にかけられた後、税徴収分を差し引いた残余金約3億6000万円の受け取りを拒否していることが分かった。差し押さえに対する抗議が理由で、都は残余金を法務局に供託したが「高額なので早く取りに来て」と困惑している。


■2007年8月21日
楽天が中間決算、初の減収減益
証券事業失速(産経新聞)
>>楽天が21日発表した平成19年1〜6月期連結決算は、売上高が989億円(前年同期比6.1%減)、本業のもうけを示す営業利益は134億円(同30.2%減)で、中間期としては創業以来初の減収減益となった。インターネット証券事業の大幅な落ち込みが影響した。


■2007年8月21日
米GE、レイクの売却を模索
(配信 ロイター)
>>21日付の英フィナンシャル・タイムズ紙(FT)は、米ゼネラル・エレクトリック(GE)が、傘下の消費者金融「レイク」の売却や株式の売却を他の金融機関に打診している、と報じた。売却先の模索はまだ初期段階という。


■2007年8月8日
振り込め詐欺団5人逮捕
被害者600人(産経新聞)
>>千葉県警捜査2課などは7日、詐欺の疑いで、習志野市藤崎の無職、武田憲哉容疑者(26)ら振り込め詐欺グループの計5人を逮捕した。架空の融資申し込みを元に被害者に電話をし、登録解除料名目で現金を振り込ませる手口で犯行を重ねていた。被害者は約600人、被害総額は5000万から6000万円に上るという。
武田容疑者らは消費者金融から融資を受けたことがある人のリストなどを不正に入手。勤務先に電話をして「上司に言うぞ」「押しかけるぞ」などと脅して犯行を重ねていたという。


>>前へ

キャッシング比較・消費者金融ガイド
TOPに戻る→

(C)2007
キャッシング比較・消費者金融ガイド